スカイボンド 8000

RTM(型注入)成型用ポリイミド樹脂

製品概要

スカイボンド 8000 は、I.S.Tが独自開発したレジントランスファーモールディング(RTM:Resin Transfer Molding)成形用のポリイミド高耐熱樹脂です。
I.S.Tのポリイミド樹脂技術とFRP成形技術により、航空宇宙分野、一般産業分野、様々な分野において耐熱性複合材の未来を開きます。
スカイボンド 8000 は、各種強化繊維との組み合わせにより用途に合った耐熱性複合材を実現します。

スカイボンド8000 RTMレジン

スカイボンド8000 RTM用レジン

RTM用ポリイミドとは

従来より、ポリイミド樹脂を用いたFRP(繊維強化プラスチック)の成型には、カーボンクロスにワニスを含浸しそれを乾燥させたプリプレグを積層し、オートクレーブなどの大型の装置で真空状態を保ちながら溶媒や縮合水などを取り除き、加熱・硬化させる方法が使われています。しかし、この方法は高い加工技術を必要とし、またボイド(空孔)が発生しやすいという難点もあります。
I.S.Tはこの工程を短縮でき、しかもボイド(空孔)の極めて少ないポリイミドカーボンFRPが射出成型で成型できる新しいタイプのポリイミド樹脂を開発しました。下記にそのプロセスを示します。

RTM成型の図解
スカイボンド8000のRTM成型

スカイボンド 8000のRTM成型

スカイボンド 8000の特徴

  • RTM (Resin Transfer Molding) 加工が可能
  • 高いガラス転移温度
  • マイクロクラックに強い
  • 低アウトガス
  • 様々なタイプの強化繊維と組み合わせ可能

■スカイボンド8000 樹脂単体の物性(硬化後)

項目 物性値 測定方法
Tg [℃] 290 DMA
引張強度 [MPa] @23℃ 86 ASTM D638
@230℃ 46
引張弾性率 [GPa] @23℃ 2.4 ASTM D638
@230℃ 1.2
伸び [%] @23℃ 5.4 ASTM D638
@230℃ 5.0

■スカイボンド8000 FRPの物性(繊維: 炭素繊維 G30; [0,90]5 ;Vf = 48% )

項目 物性値 測定方法
層間せん断強度 [MPa] @23℃ 70 ASTM D2344
@230℃ -
曲げ強度 [MPa] @23℃ 860 ASTM D790
@230℃ 505
曲げ弾性率 [GPa] @23℃ 48 ASTM D790
@230℃ 45
有孔圧縮強度 [GPa] @23℃ 270 ASTM D6484
@230℃ 258
燃焼特性 V-0 相当 UL-94
ボイド率 [%] <1.5 ASTM D3171

用途

  • 航空機構造材
  • ガラス・カーボン・アラミドなど高強度繊維とのマトリクス樹脂
  • 成形部品
  • 耐熱ベアリング、耐熱ブッシュ、ピストンリング など
RTM成型によるFRPパネル、ブロック

RTM成型によるFRPパネルと短繊維とのコンポジットブロック

本製品に関するお問い合わせはメールフォームからお願いします。
製品お問い合わせメールフォームへ

ページトップへ戻る