スカイボンド

耐熱コンポジット用ポリイミドワニス

製品概要

スカイボンドは最も熱安定性の高い芳香族ポリイミドをベースにしたワニスです。米国モンサント社が開発し、I.S.Tが1996年4月に製造販売権を譲り受け、モンサント社インディアンオーチャード工場(マサチューセッツ州)内で生産していましたが、2014年に工場移転を行い現在はI.S.Tニュージャージー工場で生産しています。
スカイボンドはガラス繊維・カーボン繊維・アラミド繊維等の高強度耐熱繊維と複合化させることにより耐熱性・柔軟性等の極めて優れたポリイミドプリプレグやハニカムを形成することができます。また耐熱性の接着剤や封孔剤としても使用できます。
用途は主に航空機構造材やジェットエンジンカバー、翼部などの航空機関連分野に使用されており、その他にも優れた耐熱性を生かし高温下で使用される構造体やエンジン等の断熱カバーとして、また粉末成形性を利用した耐熱ベアリング、ブッシュなどはOA機器をはじめとする幅広い分野で使用されています。

スカイボンドワニス

スカイボンド ワニス

耐熱コンポジット用ポリイミドワニスとは

スカイボンドは、優れた物性を持つ芳香族を原材料としたポリイミド樹脂です。現在製品化され、量産されている高分子材料の中で最も優れた耐熱性を持ち、高い接着力を発揮する材料です。
スカイボンドの製品形態は、ポリイミド前駆体の溶液(ワニス) で、熱などによる架橋反応により硬化します。代表的な扱い方としてはスカイボンドを、ガラス繊維、カーボン繊維、アラミド繊維などの各種繊維に塗布して複合材料用プリプレグを成型します。さらにこれらプリプレグを積層させ、オートクレーブなどにより加熱硬化させることで高機能複合材料を成型することができます。
また、接着剤としても、構造部材用のハニカムなどに数十年にわたり採用されている信頼性の高い製品です。

スカイボンドとカーボンクロス

カーボンクロスへのスカイボンド含浸

スカイボンドの特徴

  • 耐熱性が高く260℃での連続使用が可能(短時間なら400℃まで使用可能)
  • 耐薬品性、接着性、含浸性に優れています。
  • 加圧成形や、発泡体(耐熱フォーム)成型が可能に加工することもできます。

■スカイボンド(ワニス)の物性

固形分 [w%] 粘度 [mPa・s](25℃) 比重
45-48 3,000-7,000 1.15-1.18

■スカイボンドFRPの物性(Eガラスクロス181使用12PLY, t3.2mmGFRP例)

24℃(@75℉) 299℃/335時間(@570℉)
引張強度 [MPa] 393 290
破断ひずみ [%] 1.9 1.4
24℃(@75℉) 288℃/2300時間
(@550℉)
288℃/4500時間
(@550℉)
288℃/9000時間
(@550℉)
曲げ強度 [MPa] 572 284 221 103
Xバンド電波特性 25℃ 50℃ 100℃ 150℃ 200℃ 250℃ 300℃
比誘電率 3.74 3.74 3.74 3.74 3.74 3.74 3.70
誘電正接 0.016 0.015 0.014 0.018 0.013 0.010 0.015

実績・用途

  • プリプレグ・ハニカム
  • 航空機構造材、エンジンカバー、レーダードーム
  • ガラス・カーボン・アラミドなど高強度繊維とのマトリクス樹脂
  • 成形部品
  • 耐熱ベアリング、耐熱ブッシュ、ピストンリング
  • コーティング剤・インク
  • 耐熱接着剤、繊維収束剤(バインダー)
  • 含浸・封孔剤
スカイボンドの用途

スカイボンドの実績・用途

本製品に関するお問い合わせはメールフォームからお願いします。
製品お問い合わせメールフォームへ

ページトップへ戻る